なんか蒸し暑いですね。
湿度が高い。
たかをくくって傘を持たず出るときは降られ。
万全の構えで傘を持てば降らず。
あまつさえ、どこかの店や電車で忘れ。そんな時に限ってビニール傘ではなく。
半袖を着てでれば涼し過ぎ、長袖だと汗をかき。
なんかフラストレーションがたまる季節ですね。

まあ梅雨ってそんなもんなんでしょうね。

それはさておき。こないだひさかたぶりに思い出した懐かしの公演グッズ。
ああ、そういえばあれって今使わないよなと。

そう、ステ看です。作りましたよ。
スーパーとかで段ボール貰ってきて適度な大きさに切り、公演のチラシを貼り。
それを、今ならバインド、つまりは針金でやるんでしょうが、当時は荷造り用とゆうか、新聞紙や雑誌なんかを束ねる例のシャカシャカしたやつを用いて、駅から劇場までの要所要所の電柱に取り付け、無事に千秋楽が終わればまたそれを撤去回収し。矢印の向きに気をつけてね、なんて言われながら貼るわけです。





当たり前に織り込まれてましたね、催しのスケジュールの中に。

規制が厳しくなったこともあるでしょうし、新規のお客さまが少ないので、もはや皆さん劇場自体の場所をご存知の方が多いこともあるでしょう。

それよりなにより、昨今はまたカフェ公演などの既存の小劇場以外に発表の場を見いだされてる方も多く、あらたな場所に足を運ぶ機会も増えましたが、そこには強い味方が。

道順を写真入りで見れたり、動画だったり。皆さん工夫してお客さまの為に案内をこしらえてくれてます。

結構実用性高いのですよね。
一度行ければもう覚えるし。
なぞという文章を手元で綴りながら、これこそ文明の利器だよな、なんて思ってます。

そんな感じでまた来週。うん、たぶん野球ネタ。

ではまた!