どぉも、光永です。
カラコレ その2も「演奏」担当の光永です。
前回は誰もが一度は演奏したであろう「ソプラノリコーダー」でした。

では「何故私がリコーダーを演奏したのか?」

実は私、中学生の頃までの夢は「リコーダー奏者」だったんです。
でも音楽科の高校の受験内容にピアノがあり、しかも音楽教室ではピアノレッスンよりもリコーダーレッスンを重視してた私はピアノが苦手で、加えて音楽科を受けるにはちょっと準備が遅いと音楽教室の先生に言われ(受験する人は小学生の段階で準備を始めるらしい :先生談)早々に諦めました。

で、時は経ち、とある日のカラ/フルミーティング。
諸事情で役者として「その1」には参加できない私は、楽器の生演奏したいねという話から何気なく「リコーダーなら演奏できる」と発言。
すると織田君が「じゃあ、そうしよう」と。

始めは冗談かと思いきや、本当に演奏担当になりました(笑)。

それから織田君から「ショパンの別れの曲を吹いて」と言われ、ピアノ用の楽譜と自分の耳を頼りにリコーダー用の楽譜を作成して本番に挑んだ訳です。

いやぁ、久しぶりのリコーダーは楽しかった♪
本番が終わっても時々吹いてます。

さて「カラコレその2」では何を演奏するのでしょうかね?
私個人としてはアルトリコーダー(中学生で習うデッカイ笛ね)にして、「また笛かい!」っていうツッコミが欲しいところです。
まあ、それは本番のお楽しみって事で。
もし「アルトリコーダー」ならツッコんで下さい(笑)。

そんなこんなで、また~♪