カラ/フル 仮設本部


カラ/フル公式ブログ
公演期間中は稽古場日誌
それ以外はメンバーによる徒然日記を更新

2011年12月

さてさて、

大晦日です。

バイバイ2011年です。

ハロー2012年です。

早いです、月日というのは。

今月始めのカラ/フルの公演が、つい昨日のような感じがします。


そういえば、ちょうど一年前…


行きつけのBARでまったりと年を越した後に、店のマスターと常連さん数人で初詣に行った時、神社の境内に占い屋さんがあったので、全員で占ってもらう事にしました。
一人ずつ中に入り、10分間真剣に占ってもらいました。

私の番になり、テントに入って私の顔と手相をほんの少しみた瞬間、占い師のおばあちゃんが一言…


「あなたは今年、年上の人と結婚するわ」

「…えっ?」

「(また手相を見はじめてすぐに)あーそれもバツイチね~」



…いやいや、まだ入って1分もたってませんけど?考えたら私の年齢でならあり得る、妥当な出会いじゃない?

っと思いつつ信じてしまう私でした。




あれから一年…



「年上のバツイチ男性」は現れませんでした…




さあ、来年はどんな出逢いがあるんですかね?

今から楽しみです。



それでは、良いお年を。

年の瀬です。

クリスマスです。

我が家では小さい頃、クリスマスには枕元に靴下の代わりに紙袋を置いておくのが通例でした。

しかし、欲張って大きい紙袋を置いていた幼き私は、サンタさんに「サンタクロースはたくさんの子供達にプレゼントを渡さないといけないので、袋いっぱいのプレゼントはあげられません」と半ば切れ気味のコメントを書いたクリスマスカードを貰った事があります。

やはり大阪生まれの大阪育ち。
小さい頃から「おばちゃん根性」が根付いてました(笑)


さて、今年のクリスマスイブは芝居をみて、お気に入りのカレー屋さんで食事して、行きつけのBARへ行き、カラオケで笠置シズ子を熱唱し、BARへ戻ってからまったりと過ごし、刺すような夜明け前の冷たい空気を感じながら家路につくという「遊んだ」一日でした。

久々に楽しい一時を過ごしたので、残りの2011年はおとなしく過ごしたいと思います。


そして2012年になったら、アクティブに活動しよう。


まずは雪山でスノーボード三昧だ!


以上、徒然な日記でした。

突然ですが、私はコーヒーが飲めません。

牛乳たっぷりでも、砂糖山盛りでも。

唯一口に出来るコーヒーは雪○のコーヒー牛乳です。

自慢気に「私コーヒー飲めるようになってん!」と言ったら、「でもあれ、コーヒー飲料ちゃうで。成分表には【乳飲料】と書いてんで。」と、友人が冷静に言いやがって物凄くガックリした事は10年経った今でも忘れません。

てか、そもそも、コーヒーの香りがダメなんです…

あの香りが鼻にくると、頭痛がします。

これを言うと、大概の人は「え~!あの香りが良いのに~」いう返答が帰ってきますが、ダメなものはダメなんです。

だから、コーヒー専門店なんか近寄れません。

スターバ○クスの前を通る際は息を止めて小走りで通り過ぎます。

でもね、


私、


スタ○のマフィンとかサンドイッチとか好きなんです。


あの店は大体レジで並ぶ事が多いんですが、ハンカチで鼻を押さえ、なるべく口で息をし、注文の時は鼻声で言います。


私には苦痛です。



でも、そこまでしても食べたいんですよね。

だから、余計に美味しく感じるのだと思います。



今、私の目下の目標は「コーヒーを飲めるようになる事」です。

大人の階段を一つ登るため、まずは普通にコーヒー専門店の前を通るように努力しようと思います。

あっ、なぜコーヒーが苦手になったかは次の機会に…。



そんなこんなで、また来週~

寒い!
寒いよ!
うふふ。


…あっ、気持ち悪い冒頭でごめんなさい。。

私は「暑さ」より「寒さ」の方が許せるもんで。
何故なら冬生まれだから。



さて、カラ/フルの公演が終わって一週間。
私は、何だか胸にポッカリと穴が空いた日々を、(゜o゜)←こんな顔で過ごしております。


そんなある日、私の所属する劇団のお姉様から「10日の土曜日に玉造のBARに集合よ。主宰も来るから」と召集令があり、本日行って参りました。

カラ/フルの公演の感想と私個人へのダメ出しの為だと、覚悟を決めて…



お店に時間通りに到着し、仕事で遅れてくる主宰が来るまで、今ワタシがはまっているアメリカのテレビ番組の数々について独りで熱く語り、マスターくんはお姉様のために豚キムチ定食を作りと、まあ普通に過ごしておりました。


そして御大・主宰が到着。



すると、お姉様がマスターくんに、「あれ、出して」と一言。




すると何故かケーキが…






そこには・・・



「よっちゃんお誕生日おめでとう」と書かれた板チョコレートが…
20111210 カラフルブログ1





・・・!!



忘れてました・・・



明日(もう日付が変わってるから今日だ)11日は私の誕生日だという事を。



いや、誕生日近いなぁとは思ってたんですが、カラ/フルが終わってから、何故か日にちの感覚がずれていたようで、来週だと本気で思っていました。

おまけにダメ出しをもらう気満々で行っていたんで、このサプライズは本当にビックリでございました。



主宰とお姉様、マスターくんと私、全員でバースデーソングを熱唱(笑)していただきました。


そして、プレゼントまで♪

220111210 カラフルブログ

大好きな紅茶のフレーバーティーを頂きました。


その後、4人で仲良くケーキを食べましたが、まあ、美味しかったこと。
久々のケーキは特別に美味しかったです。



去年の誕生日は、ちょうど「NUDE」の公演2週間前と、割と切羽詰った稽古場で出演者の皆さんに祝っていただき、皆で食べたケーキが甘く、稽古終わりの疲れが癒されたのを覚えています。


いや~、私って幸せ者だ。


本当にそう感じた誕生日でしたとさ。









・・・・・あっ!



・・・公演の感想とダメ出しを聞くの忘れてた・・・

カラ/フルvol.2『発するチカラ』無事に千秋楽を迎えることができました。
たくさんのお客様にご来場いただきまして本当にありがとうございました。
今回は客席が限られていましたので、お客様にはご不便をおかけしました。
ここで改めてお詫び申し上げます。


さて、今回の芝居は3.11の直後に書きました。
本当は別の脚本を執筆していたのですが、想像もしないような大災害を前に自分の無力さにうちひしがれました。「なんてちっぽけな自分にできること」・・・日本中の全員が直面したことです。結局は今の自分にできることなんてたかが知れている。それを認めたうえで、改めて自分に今できることを考えてみました。結局、自分には表現することしかできないんですよね。他にできることがあるなら何かが起こる前からとっくにやってるし、何も取り柄がないから芝居をやっている。ちょっと時間がかかりましたが、そのことに気付きました。それからはもう思うまま、後先考えず書ききりました。僕は基本的に回りくどいことは書けないのでその時の自分の気持ちを正直に書いたつもりです。これは「ごあいさつ」でも書きましたが、台本は4月くらいに書きあげたのですが、公演の稽古(10月くらい)に際して大きな書き直しはしませんでした。3.11のショックと挫折と吹っ切れた瞬間が初稿の台本に詰まっている台本に、あれから半年経って状況がちょっと変わった今とでは、当然自分の中で心境が若干違ってます。今、書き直しをするということは当時の様々な思いが薄らいでしまいそうだったので。もちろん、半年以上経ったとはいえ、震災を扱った芝居をすることへの恐れはありました。復興は相変わらず進んでいません。課題もたくさん残っています。だけど、今でないと意味がないと。それに今回のお話は震災に向き合う自分の物語なんです。表現者である以上、「不謹慎」や「自主規制」といった周りが(自分も含む)勝手に作り上げた壁を前に逃げちゃダメなんです。そういったものに立ち向かうのが芸術であり表現だと思うんです。ご観劇いただいた方々にこの物語がどういう風に見えたかは分かりません。それは、お客様が感じたことがすべてだからです。でも、これを観て一人でも「何か」を感じていただけたのなら、それだけで僕は幸せです。


小さな空間でのささやかな公演でしたが、たくさんの方々の御力を借りてこの公演が成功しました。
本当にありがとうございました。
この場を借りまして改めて御礼を申し上げます。

これからもどうぞカラ/フルをよろしくお願いします。



2011.12.6 カラ/フル代表 オダタクミ

このページのトップヘ