カラ/フル 仮設本部


カラ/フル公式ブログ
公演期間中は稽古場日誌
それ以外はメンバーによる徒然日記を更新

2012年06月


出鼻を挫かれていないといえば嘘になる。風も心地よく爽やかな陽気である。だがしかし。私はYを目指すのだ。

中央線堺筋本町と本町の間、中央大通の北側。新興のSから東を見れば老舗のY、西を向けば定食充実味噌汁付きのMが見える。京都一乗寺におけるラーメンほどではないにせよ、牛丼店の激戦区といえよう。
アミダくじでも良かったのだが、鉛筆を転がして決めた先攻はY。いざ。

話は少し前に戻る。
梅雨の晴れ間は少しだけ、次の夏の予告をするよう、とマッキーも歌っているわけで、全日本ウマイこと言い選手権などというものがあるならば、毎回余裕で予選ステージを通過してくるであろう彼の素敵フレーズなわけだが、なんだかもう最近は既に本編突入なんじゃねえの?と疑いたくもなる暑い日だったり、そこまでいかなくても職場がここにきて対世間として打ち出した節電を掲げての温度設定で、とにかくオフィスが暑いのだ。

額に汗して働くというのは勿論比喩としては分かる、しかし現実に肉体労働でもないのに、汗をかいている状況、そしてその消耗たるやもう。

であるならば暑気払いといこうじゃないの、今年も期間限定でやってる牛丼店の鰻を食べくらべてやろうじゃないの。正直冷やし中華が食いたいけどそれはまた後日に譲ろうじゃないの、そんな風に考えた私は、両方を持ち帰って比較するという選択もなくはないですが、まあ2日にわけようかと。
同等のコンディションでないとフェアではないので、昼は社員食堂の冷やしそばを食べて晩に鰻に取り組もうじゃないかと。
ちなみにはからずも今月大阪王将と京都王将で別の日に餃子二人前とビールを頼んだ私ですが。
異論も反論もオブジェクションもあるとは思いますが、京都に軍配をあげたいと思います。
さて、新興と老舗の鰻丼対決、その結果はまた次週。
震えて待て!なんつって。
ではまた。

この土日も知り合いのプロデュース公演のお手伝いをして、会場内を走り回っている光永です。

よく考えたら、役者の時より動くなぁ。

しかし、こんなに走り回ってるのに痩せません。

むしろ差し入れのお菓子をパクパク食べるので困ります(笑)

疲れた時は甘いものに限りますからねぇ(と言い訳)。


それでも疲れは取れないんでしょうね、私。

さっき、自販機でスポーツドリンクを買おうとして、何故か無糖の紅茶のボタンを押していました。


無意識に。



おかげで、疲れ倍増です…



このお手伝いが終われば、役者モードに戻ります。

そして、カラ/フルの前回公演と同じように公演終了まで「禁ポテ(フライドポテト食べるの禁止)」に入ります。


なもんで、私の前でフライドポテトを食べると、何をするか分かりませんのでご注意を。



さて、そろそろお手伝いに戻りますのでまた。


んふんふ。



いやあ、気づけばもう十回目なんですね。まあ感無量とかには程遠いですけどね。
外は雨。なんだか熱帯性低気圧になってしまった5号と梅雨前線が一緒になって降らせてるらしいですね。
しかしまあ先日の台風4号も直撃は免れ。
でも、一桁番号の夏前にこんなに暴れまくったことってあまり記憶にない気もするのですね。
なんか時期的なことも相まって、前評判こそ芳しかったものの、その後低空飛行を続けていた新外人がようやく日本の投手の変化球と配球にアジャストして、二打席連続で放った本塁打みたいですもんね。

まあ、それはさておき。
週末はお天気が持ち直しそうな気配なので、ちょい胸をなでおろしてみたり。

なにせ明日金曜は晩から神戸に駆けつけ、土曜は昼過ぎから天王寺方面に。
日曜も仕事終わり次第、日が暮れる頃には京都河原町近辺に。
そう、この週末は三都物語なのですね。全部速攻日帰りコースですけど。
谷村新司の甘い歌声に乗せて、それどころか本人まで旅人として関西への旅を誘う旅情あふるるJR西日本の企みなわけですけど。
金曜と土曜は観劇、日曜はライブを観るわけですが、土曜はともかく、金土は滞在時間が移動時間をわずか上回るような有り様。

願わくば、神戸も京都もせめて朝から出掛けて晩までのんびりとほてほて歩きたいものです。

さらに宝くじでも当たったら、新幹線で東京へ。上野のアメ横をぶらぶらしてひとしきり満喫したらまたもや新幹線で神戸までとってかえして三ノ宮から元町の高架下をうろうろしまくったりだとか。

あ、上野からちょいはずれて亀戸に寄って、東西の餃子食べ比べもよいなあ。

とか書きながら餃子食べたくなってきたんで、数日中には王将で二人前と瓶ビールと洒落こみたいと思います。
あ、京都王将のほうですよ。

皆様、良い週末を。
ではまた。

あ~ジメジメする!

ああ~蒸し暑い!!

この梅雨時が一番苦手な季節の光永でおます。


さて、本日は三品さんが出演しているスケッチブック☆シアターさんの公演初日でした。
私は声のみですが出演しております。



つまり、体は空いている訳ですよ。
って事は…


そうです、


受付のお手伝いをしております。

しかも場内のご案内係でして、「いらっしゃいませ~」やら「こちらのお席空いております~」など、割りと声を出してお客様と接してるのです。


そこでふと思ったんです。



ん?私、声の出演だよね?

開演前に私の「いらっしゃいませ~」を皆さん聞いてるよね?

で、本番で私の声が流れるよね?

終演後に私、「ありがとうございました~」とか言ってるよね?

つまり、声の出演の主が私って分かるよね?



…それってちょっと恥ずかしくね?


役者として舞台に立つのは平気なんですが、こうやって役者でなく声だけ出演してる時に、スタッフとしての私がお客様の前に立ってるのって、何か「素」の自分を見られてるようで…。

うまく伝えられないんですが、とにかく「照れます」。


まあ、そう思っているのは私だけですので、単に自意識過剰って事ですね(笑)


公演は明日が最終です。
私のへっぽこ声はともかく、お芝居はとても素晴らしいのでよろしければお越しください。

11時と15時の2回、シアトリカル應典院にてございます!


お待ちしております。




ちなみに、「ごゆっくりどうぞ」を言い続けていると、「ごっくりしょうぞう」と聞こえるのも私だけだと思います(笑)





無事になんとか終わりましたよ。
浪花グランドロマン「唇に聴いてみる」。御来場いただいたお客様、並びに公演の実現にお力を貸していただいた皆様にまず感謝を。
ありがとうございました。

さて、ほとんど仮眠のみで出勤した月曜日は想定通りのくたくたぶりを発揮し、普段の七掛けくらいの速度でしか歩けぬような有り様なれど、たまっていた洗濯を終わらせるというミッションを己に課し、ビール一本ないし二本だけ飲んでバタンキューしたいという欲求と闘いながら帰宅し、なんとかすべて干し終えた頃には変なテンションになっており。
結局ビール(含第三)を三本飲んだのち9時間くらいノンストップで爆睡。
本番はもちろんのことながら稽古期間中はきっちり1日二枚のTシャツ、一本の手拭いを消費する日々でしたので、つかの間、極めて当たり前の量の洗濯物が出る暮らしに戻り、ほっと一息。

そして昨日火曜日には伸びた髪のナチュラルボーンパーマぶり、そのボリュームたるや、ウザいとかゆわないでね、本人としてもウザいのよ という状態だったのですが、これもすべて演出支持の賜物。三センチ残して切りました。なにせ職場でも「おー、本多くん、そろそろ(切るべき)やろー。」と、軽いノリではあるものの、部長にゆわれちゃったりしてましたので。ひと安心といったところです。

さて、いよいよかねてから本番終わってからと決めていた、すた丼を喰らいに難波を目指します。すた丼については以降また回を改めて詳しく語ることにしますが、ごくリーズナブルなコストパフォーマンス抜群の丼であります。同じような状況でもたとえばNGRのS角さんのような美食家であれば鰻丼あたりをチョイスするのでしょうが、両方目の前に出されても迷うことなく、すた丼をかかえこんで、わしわしと。

今から向かいます。

このページのトップヘ