カラ/フル 仮設本部


カラ/フル公式ブログ
公演期間中は稽古場日誌
それ以外はメンバーによる徒然日記を更新

カテゴリ : 報告

連日続く猛暑と熱帯夜にずいぶんやられちまってる今日この頃。
ども、オダです。

先日、「最強の一人芝居フェス INDEPENDENT:19 トライアル公開三次審査」が行われまして、我々、鎌田恵弥×オダタクミ組が2位ということで、なんと11月の本選にオープニングアクトとして参戦することが決定しました!!

当日ご来場くださった皆様、二次審査においでくださった皆さま、陰ながら応援してくださった皆様、それから当日運営に携わったINDEPENDENTスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

当日の上演順でまさかのトップバッターとなってしまいましたが、萎縮することなく逆に開き直って演技をした鎌田恵弥にも素直に「よくやった!」と褒めてあげたい。

とりあえずは一山越えました。
本当にほっとしています。

今度は本選に向けて、30分バージョンに台本を書き直して、といっても実はラストまで書き上がっているのですが、このトライアルを通して随分この作品の在りようも変わったのでそれに合わせて更なる書き直しをして、それから再び稽古です。

春から始まった僕達の挑戦はまだまだ続きます。

トライアルではお見せできなかったこの物語の始まりと結末をぜひ楽しみにしてください。


INDEPENDENT:19の本番は11/21(木)~24(日)、会場はインディペンデントシアター2ndです。
今の2ndで開催される一人芝居フェスは今年で最後。
2ndも来年からは新しい場所に生まれ変わるそうです。

僕個人としても今の2ndでの一人芝居フェスは3回目の参戦、これまではずっと緊張してましたが、今回はもっと楽しめたらいいなと思ってます。

それでは、次は”秋”にお会いしましょう。

IMG_2691

出番終わってやりきった鎌ちゃん。
ひとまずご苦労様でした。


ツイッターでもお伝えしておりましたが
【本多信男】
【あまのあきこ】
 以上の2名が
退団することになりました。
ここに謹んでご報告申し上げます。


おひさしぶりです。オダです。

先日、僕が作・演出を担当した

水木たね一人芝居
おたより百景『そっと触れた壁の中に名も無い花の気配』

の公演が、初日にして千秋楽という予期しない形で終演しました。

悪天候の中、足を運んでいただいたお客様には感謝を
中止になってお越しいただけなかった方には、ただただすみません。

1月にオファーを受け、3月に企画書をもらって、それを基に台本を書き上げ、7月から稽古をはじめ、ようやく本番という時にこんなことになってしまって、僕も水木たねも無念で仕方がありません。
この気持ちのやり場をどこへ向ければいいのか、どこにも行き場などないのだけれど。

ありがたいことに多くの方に再演を希望する声をいただき、この作品に対する期待の高さに、二人とも只々ありがたい気持ちでいっぱいです。
ですが、残念ながら今のところ予定はしておりません。
理由は様々ありますが、多分、今まで張っていた緊張の糸がこういう事態になってプツンと切れてしまったことが一番の理由ではないのかと、今は思ってます。
作品的にもギリギリの緊張感を必要とするだけに、この糸が一度切れてしまってはなかなか簡単に「もう一度!」というモチベーションになれないのが率直な気持ちです。
ですから、できれば気長に期待せずに待っていただければ幸いです。
もしかしたら、この作品は二度と上演されないかもしれません。
でも、もし、もう一度この作品に向き合う事になった時は、ぜひ水木たねを観に来てやってください。

よろしくお願いします。

さて、今回、上演台本を物販で用意していたのですが、結局初日しか上演されなかった為、若干残っています。
SNSにて上演台本を読んでみたいという声を嬉しくもいただき、それに応えるべく通販をすることにしました。
有難いことにもう数冊売れてあと2部しか残っていないのですが、興味がある方、読み物という形ですが、手に取って読んで頂ければ嬉しいです。

1部500円+送料200円=合計700円 です。


↓↓↓のアドレスから販売ページにいけます。↓↓↓
https://otayori100k.booth.pm/items/1031368

※10/2(火)18時 追記
全品完売いたしました。
お買い上げくださった方、本当にありがとうございますm(_ _)m

DoRb2hbWsAAVs5N

ども、オダです。

ひとまず、
カラコレその4全ステージ無事に終了しました。
今回参加してくださった、はやま。さん 要小飴さん 山田百合香さん、
稽古場を提供してくださった劇団大阪新撰組さん、
それからお手伝いくださった皆様方、

そして、、、

寒い中、足を運んでくださったお客様!!!

本当にありがとうございました。


『幸せの黄色いマスク』は、想流私塾時代に同期だった、はやま。さんに執筆をお願いしました。
もともとカラコレその4の段階で僕が作品を1本担当することは決まっていて、もう1作品をどうするかとなった時に、自分で書くか他の作家さんにお願いするか、他の作家さんにお願いするとしたらどなたにお願いしようか、色々考えた結果、カラコレ自体が一種実験的な要素がある企画ということもあり、せっかくだからまだ世に知られていない作家さんを発掘するのも面白いかな、作品を世に出したいけど機会が恵まれない人に場を提供してみようと思い打診しました。はやま。さんも快諾してくれたので、今作品が生まれました。今回、何か得るものがあったかなかったか、僕には分かりませんが、これからも、はやま。さんが作品を生み出していってくれるといいな、と勝手に思ってます。



『宇宙人に、桃色吐息を』は、個人的カラコレ総決算な作品となりました。普段カラ/フルで作品を書く時は、どうにもならない暗い芝居を書いてしまうんですね。根が暗いもんで(笑)で、今回カラコレをスタートするにあたって、ポジティブな作品を意識的に書こうという、なんというか一種の野望みたいなものがあって、ネガティブ思考からポジティブ思考へ一気に・・・なんてことはないですが、今作品は特に皆さんに笑ってもらえる作品をお届けできた、と思います。あくまで客席の反応を見る限り、ですが。まあ、今回は若干反則的な気もしますけど。エイリアンを怪演してくれた山田百合香ちゃんとトンデモ衣装のあまのくんのおかげですね。でも、随分ポジティブな作品をお届けできるようになったかと思います。今後の展望は暗い芝居と面白い芝居の華麗な融合を目指していきたい。笑って嫌な気分にもなる、ヘンテコ芝居を俺は書く!なんつって。



と、いうわけで
カラコレその4も終わり、同時にカラコレという企画も終了となりました。
沢山の方々のご尽力ご協力をいただき、ようやく完走できました。


改めて、本当にありがとうございました!!



カラコレ完走記念に、今回客演してくれた要小飴さんと山田百合香ちゃんからお祝いのケーキを、はやま。さんにはバラの花を頂戴しました。お祝いしてもらってやっと、「あぁ、一年やってきたのか」と少し実感が湧きました。とにかく目の前の公演をなんとかすることで頭がいっぱいで振り返るヒマもなかったというのが正直なところです。いやぁ、お恥ずかしいかぎりです。



次どうするのかまだ全然考えてませんが、またお会いできる日を楽しみにしてくださいね。


カラコレその2、無事に終演しました。
どうもオダです。

暑い中を阿倍野長屋まで足をお運びくださり、本当にありがとうございました。
今回は出演者が少なかった割にオール・カラ/フル感が強かったように思いました。
なんか集団ぽいなって(笑)

その中でも、3人の女優は本当に大変だったと思いますが、最後まで頑張ってくれました。
演出としてとても心強かったですし、安心して本番に挑めました。


やっと半分終わりましたが、思ってたよりキツイ企画だなって徐々に実感してます。
が、
ここで立ち止まるわけにはいかないので最後まで突っ走ります。


次回は9月12日(火)火曜日のゲキジョウに初参戦します。
今回参加してくれた、鎌田恵弥さんとピンク地底人5号君も引き続き客演してくれます。
カラコレその3もぜひぜひ観に来てくださいね。


最後に今回の公演記録を振り返りながら〆ます。


『足跡の名前は紅い朝顔』
7月1日@阿倍野長屋_1
2017_07_02 #1_44
2017_07_02 #1_1
2017_07_02 #1_34
2017_07_02 #1_26
2017_07_02 #1_24
2017_07_02 #1_11
7月1日@阿倍野長屋_19

『ゲームの続きは赤い部屋で』

ゲームの続きは赤い部屋で_2
ゲームの続きは赤い部屋で_10
ゲームの続きは赤い部屋で_15
ゲームの続きは赤い部屋で_18
ゲームの続きは赤い部屋で_29
ゲームの続きは赤い部屋で_37
ゲームの続きは赤い部屋で_32
ゲームの続きは赤い部屋で_57



このページのトップヘ