カラ/フル 仮設本部


カラ/フル公式ブログ
公演期間中は稽古場日誌
それ以外はメンバーによる徒然日記を更新

カテゴリ : 本多の”ノブ”ログ


遅ればせながら、そして遅れた分を取り返すかのごとく、元気いっぱいに、
明けましておめでとうございます!

image


いのしし。
昨年は忍者ハットリくんの獅子丸、その前は手塚先生の火の鳥。
しかし今年は。
ピンとくるものがなく。
かいけつゾロリとか、なんか猪キャラもあれど、自分も世代でない上に賀状を出す相手の方々も大方なんだかわからないことになるんでパス。

どうしたもんかと思っていたところに、購読紙の夕刊のしりあがり寿先生の干支ネタに遭遇して、即決で描きました。

来年はもうネズミ系なんて、夢の国から水木ワールドまで幅広い選択肢があるわけですが。

まあネズミ男は素行におおいに問題があるんで、年始の挨拶状にふさわしいかは微妙とはいえ。

まあなんといっても平成最後のという枕詞はここにきて一層の使われっぷりなわけですが。
やっぱり元号の変わり目で、十二支の最後の動物がくるというのも、多少狙ったりしてるのかな、なんて思ってみたり。

とはいえ。猪、縁遠いんですよね。
なにせ牡丹鍋に代表される猪の料理、食したことがないんです。

時節柄、年末年始、テレビで食レポを眼にしたんですけど。

間違いなく、全然くさくない、という話から始まるんですよね。
食べやすい、脂っこくない、なんてコメントもありますが、まずはケダモノ臭の話が取り上げられがち。ただ、こちらはそもそも、食べたことがないんで、いまいちわからないし、え?野性味がないっつうこと?つまりは家畜化された豚寄りってこと?だったらもういっそ豚でもいいんじゃないの?なんて思いもよぎりながら。

いや、それこそ20年以上前、なんなら四半世紀前。まだ、豚骨ラーメンというカテゴリーが日本全国を席巻して、定番に食い込むより前の話。
当時、たぶん予備校時代、場所は高田馬場かどこか、まあ新宿あたり、はじめて豚骨ラーメン専門店から漂う香りに遭遇したときの衝撃たるや。

まさに、あ、なにこれ?臭い!
みたいな感じ。そしてはじめて食べた時も、臭いけど旨い!までいかずに食べられんこともないけど臭い!
でしたもんね。

今なんか、むしろ豚骨のかなり強めの匂いを漂わせている店に条件反射的に多少唾液を分泌させながら入って、れんげでまずスープをひとすくいして、なんだよ!思ったより豚骨感薄めだな!とか脳内クレームをひとしきり、でもまあそこそこだったな、なんて思いながら再訪はしない、なんてことすら一度や二度ではないという。

だからどうせなら、野性味溢れる猪を食べてみたいですね。

どうでもいいですね。

今年もよろしくお願いします!ではまた!


来年の事を話すと鬼が笑う、なんていいますけど。
やっぱり年明けすぐくらいだと大爆笑で、徐々に笑いは落ち着いてゆき、年の瀬の今頃だと、微笑程度なんですかね。

どうも、本多です。

しかしまた過ごしやすい気候に。
うちの在庫の裏ボアとか裏フリースですとか、ふわもこな温かいやつらが売れ行きも伸びず、倉庫にうず高く積まれております。嗚呼。
お天気には勝てないわけですけど。

まあ、それはさておき。
平成最後の年の暮れ。そんな文言も食傷気味かもしれませんが、なんとなくしんみりした気分になってます。

そんな年の瀬。
ケーキ商売、チキン関係の商いをしてる方々はまさに今日明日が天王山なわけですが。

今年最後にこの場をお借りしまして、僭越ながら御報告をば、させていただきます。

いろんな流れですとか、タイミングの積み重なりの結果として、今年の夏から劇団大阪新撰組さんに入団しました。

今更と思う方も、え?マジ?と思う方も、いるとは思うのですが。

今後、カラ/フルと、大阪新撰組の公演のチラシにおいては、所属のクレジットは記載されません。

そのかわり、たとえばプラズマみかんさんにお世話になるときには、
本多信男(カラ/フル・劇団大阪新撰組)
というような表記となります。

よく、二団体を掛け持ちされてるかたの表記で、団体名の間に/を入れる場合もよく見るわけですが。私の場合ですと、
本多信男(カラ/フル/劇団大阪新撰組)
となりますと、あたかも、ご存知ない方だと、ああ、この人は、カラとフルと新撰組の三団体を掛け持ちされしてるのか、と思われかねません。


どうでもいいですね。

師と仰がれている立場でなくてもバタバタする年末、極寒には程遠いとはいえ、寒暖差にやられがちなこの時期、笑って新しい年を迎えられるよう、皆様御自愛下さい。

よいお年を!
ではまた!


しっかし寒いですね。

なんなんでしょう。
寒暖差がヤバイですね。あまりの暑さで幕を開けた12月の気候のせいで、私の上司は今年はこれだ!とばかりに購入したお洒落コートが既に二段階で店頭で値引きされていく羽目に陥ったうえでまだ袖を通してないという状況に。
たぶん明日あたり着てくると思います。
ちなみにセーターくらいは買えちゃうくらいの値差です。嗚呼。

どうも、本多です。

師走のくそ忙しい時期、しかも月曜日。

万が一スケジュールがぽっかり空いていて、なおかつご興味おありでしたら是非!

劇団大阪新撰組WS番外公演大人組
リーディング試演会その3
ほん、よむよ。3回め

12月17日(月)20時開演
受付、開場は開演の15分前

会場 スタジオガリバー

入場無料

出演
南田吉信 古川智子 下村直裕 本多信男
GIDEON 石田麻菜美(遊劇舞台二月病)

三年連続3回目の出演、ジャンルも年代も多岐に富んだ、これが読みたいという作品を演者がもちより、加えて群読なんかもやっちゃうという本好きの大人のイベント。

しかも!なんと!そのあとはゆったり呑んじゃうという。

お時間許せば是非!

ではまた!


寒いですね。
暑かったのに。
丁度いい頃合いが短いったらないですね。

そりゃあ着ますよ、ヒートテック。
洗いに洗ってだいぶ効能も落ちてる気がしなくもないですが。
気は心。

くたびれたヒートテックとくたびれたエアリズムはもはや単なる無地の長袖と半袖と化していく気もしながら。

どうも、本多です。

日曜日は朝7時過ぎからお仕事。心斎橋筋のお掃除。

さすが大阪マラソン。いつもなら疎らもいいところの堺筋線も、いつもの数倍の、スポーティーないでたちの乗客が。

そして。
こんなに要る?と思うレベルの警備員の方々。

まあ、7時、8時台はまだいつもと変わらずの心斎橋筋商店街。しかし。9時を回り、ランナーの人波が押し寄せると、本格的にしかれた交通規制の影響で、商店街に、迂回した自動車がバンバン通る事態に。

もちろん、早朝の時間帯、さまざまな目的で車は通るものの。パンですとか、麺ですとか、ドラッグストアの納品の車。コンビニやファストフードのお店にも。そして逆にゴミの回収の車、なんらかの工事のために来る車両も。
まあ、そんな中で抜け道として走ってる一般車両もあるにはありますが。

そんなレベルじゃない車の列が既にまあまあの人手になってる商店街にどんどん入ってくるという、そんな風景。

みんなマラソンやってることもご存知ではあっても、車が走ってくるという想定をしてない感じの歩行者の方々。どかないです。気づいてもないかんじ。

そんな時。鳴らしますね、クラクション。
そこまで来るのに色々迂回させられた苛立ちをぶつけてるのかと思うほどに。
自転車とかでもやたらベルを鳴らし続けるタイプの人も時折見かけますけど。

まあ注意喚起で鳴らすのは仕方ないとは思うのですが、鳴らし方ですよね。

そんな中で、終始まったくクラクションを鳴らさず、超徐行運転を続けた兄さんは我々清掃地チームの称賛の的となり。

こういう時って、人が出ちゃいますね。

それはさておき。

決まりましたね、大阪万博。

うん、東京五輪、大阪万博。

どちらも直接経験してませんが、どちらも2回目、特にわーいわーいとは思えないんですよね。率直な話。

まあオリンピックは地元優位で今まで見たことないくらいのメダルが取れたらすごいよね、くらいは思いますけど。

なんだかなあ。

そんな感じで、まもなく師走に突入!風邪など引かぬよう皆様御自愛下さい。

ではまた!


しかしなかなか汗ばむ11月ですね。
だってねえ、クリスマス商戦もいよいよですし、年賀状に思いを馳せはじめる頃だというのに。

まあ、とにかく衣料を扱う仕事がメインの収入源の私としては、寒くなってもらわんことには、みたいな感じです。
どうも、本多です。

本日、11月11日。
なんかあれらしいですね、〇〇の日、今日が最多らしいですね。

ポッキーの日。うん、納得。
お箸の日。原理は同じ。もやしの日。これは苦しい、かなり苦しい。

鮭の日。
なぜなら。
圭の字が十一と十一を重ねたかたちだから。
うん、これはいいですね。

つうことで、デイリーカナートへ。

常々、ポッキー贔屓が過ぎるだろうと、プリッツの立場はどうなるんだと江崎グリコに言いたい気持ちのある私としては、迷わずプリッツを買い物かごに放り込み、その足で缶詰め売り場へ。

そう、別に誰も知りたくない情報ではありますが、私本多の一番好きな缶詰めは、アケボノの鮭の水煮。
ちなみに二位が国分のコンビーフ。
どうでもいいですね。

ところが。衝撃の展開が。
完売。スッカラカン。鮭の缶詰め、一個もないという有り様。

推測でしかないですが、鮭の日っつうことで、テレビだとか、新聞ですとか、各種メディアで簡単で美味しい鮭の缶詰めレシピを紹介しちゃったんですね、たぶん。

そんなわけで。

image


サラダ味。なにがサラダかわからないのはサラダせんべいと同じ。
でも美味しいこれを購入。

ビールのあてとしていただきます!

ではまた!

このページのトップヘ