カラ/フル 仮設本部


カラ/フル公式ブログ
公演期間中は稽古場日誌
それ以外はメンバーによる徒然日記を更新

カテゴリ : カラコレその2

カラコレその2、無事に終演しました。
どうもオダです。

暑い中を阿倍野長屋まで足をお運びくださり、本当にありがとうございました。
今回は出演者が少なかった割にオール・カラ/フル感が強かったように思いました。
なんか集団ぽいなって(笑)

その中でも、3人の女優は本当に大変だったと思いますが、最後まで頑張ってくれました。
演出としてとても心強かったですし、安心して本番に挑めました。


やっと半分終わりましたが、思ってたよりキツイ企画だなって徐々に実感してます。
が、
ここで立ち止まるわけにはいかないので最後まで突っ走ります。


次回は9月12日(火)火曜日のゲキジョウに初参戦します。
今回参加してくれた、鎌田恵弥さんとピンク地底人5号君も引き続き客演してくれます。
カラコレその3もぜひぜひ観に来てくださいね。


最後に今回の公演記録を振り返りながら〆ます。


『足跡の名前は紅い朝顔』
7月1日@阿倍野長屋_1
2017_07_02 #1_44
2017_07_02 #1_1
2017_07_02 #1_34
2017_07_02 #1_26
2017_07_02 #1_24
2017_07_02 #1_11
7月1日@阿倍野長屋_19

『ゲームの続きは赤い部屋で』

ゲームの続きは赤い部屋で_2
ゲームの続きは赤い部屋で_10
ゲームの続きは赤い部屋で_15
ゲームの続きは赤い部屋で_18
ゲームの続きは赤い部屋で_29
ゲームの続きは赤い部屋で_37
ゲームの続きは赤い部屋で_32
ゲームの続きは赤い部屋で_57



どぉも。
役者で舞台に立つときはそんなに緊張しないのに、楽器演奏だと緊張しまくって、生まれて初めて舞台上で手の震えが止まらなかった演奏担当のへっぽこ光永です。

カラコレその2
「ゲームの続きは赤い部屋で」
「足跡の名前は紅い朝顔」
無事に終了致しました♪
ありがとうございました!

さてさて、今回も公演のオフショットをご紹介。

image

つかの間の休息。
今回の脚本担当の本多さんは変顔でカシャリ。
ってか、あんな脚本を書く人がこんなおちゃらけてるなんて…。

image

公演日はタイトなスケジュールなので皆ヘロヘロ。
しかも一日だけの公演なのに荷物が多く、片付けるのがしんどいと倒れこんでいる死人メイクの三品さんとリアルに死んでる様に見てえしまう鎌田さん(笑)。

image

本気で緊張がとれている、素のあまのさん(笑)。
image

と、3人の中で死人メイクが一番似合う(ゴメン!)ピンク地底人5号くん。

image

最後は今回の私の相棒、マンドリンの「お琵琶さん」
久しぶりの再会だったのにヘタクソごめんな…。


いや~、今回も楽しい公演でございました。
次回は9月。
あまのさんと私の原作をコラボしてオダ君が一つの作品に仕上げます。
お楽しみに(あっ、私は楽器演奏しませんよ(笑))。

本当にありがとうございました!

image


ちなみに、私は白髪頭のまま電車で帰りましたとさ。

その2のご予約
15時半、17時半、19時半の回
満席となりました。
ありがとうございますm(_ _)m karakoreyoko_omote

カラ/フルコレクション(略してカラコレ)という小規模なのりうち公演を4月・7月・9月・11月と、継続して小公演をやっていきます。


第2弾の7月は、本多信男が自ら脚本を担当し、オダタクミ演出するという異色の試み。
テーマの色は赤と紅、どちらも「アカ」。
そしてどちらのお話も、繰り返しがテーマ。
今年もやってきた7月1日という日の出来事を皆さんに見ていただきます。

本多信男のしっとりとした物語を、オダタクミがどう料理するか・・・お楽しみに。



カラ/フル  カラコレその2
『ゲームの続きは赤い部屋で』
季節は夏。今年もこの日がやって来た。
二人の女の年に一度の邂逅、そこで語られる、この部屋に留まり続ける理由とは。
〔出演〕
あまのあきこ   鎌田恵弥 


『足跡の名前は紅い朝顔』
季節は夏。今年もこの日がやって来た。
いったいなぜ?見知らぬ人が夢枕に立ち、彼女に想いを告げてゆく。夜明けとともにつきつけられる、ひとつの現実。
〔出演〕
三品佳代

〔演奏〕
光永陽子

〔ゲスト〕
ピンク地底人5号(ピンク地底人)


〔スタッフ〕
作:本多信男
演出:オダタクミ
宣伝美術:yuki(touch your imagination) 
美術:宮路一枝
雑務:杉本レイコ 
制作:桝田聖美


〔日時〕 
7月1日(土)
15時半 × 満席 
17時半 × 満席 
19時半 × 満席 
(6月25日現在の予約状況)

※上演時間は約50分を予定しております。


〔会場〕
阿倍野長屋
住所:大阪市阿倍野区昭和町4-6-8
https://goo.gl/maps/pb66VPa7Lys
※JR阪和線【南田辺駅】西口より徒歩3分
※地下鉄御堂筋線【西田辺駅】1番出口より徒歩7分

〔お問い合わせ〕
メール kara-furu@live.jp

〔料金〕
前売・当日共に 1500円

〔チケット取り扱い〕
https://www.quartet-online.net/ticket/karakore2



今後のスケジュール
【その3】9月12日(火)
インディペンデントシアター1st(火曜日のゲキジョウ 参加)
【その4】11月23日(祝・木)
パインブルックリン(福島区・中之島)

どうも、鎌田ですm(__)m
ジメジメが増してきましたね。
吹き出る汗が止まりません(-_-;)


さて今日は合同稽古で最終稽古でした。
転換の段取りやらを打ち合わせてから、
前説から後説までを2回通しをしました。
一段と緊張感が…


明日はいよいよ本番です。


朝からハードスケジュールでバタバタしそうですが、本番は悔いのないように全力でやらせて頂きます!

雨大丈夫かなぁ…
ご来場頂く皆様はお気をつけていらして下さい。心よりお待ちしておりますm(__)m



今日撮って頂いた稽古風景です。
ではでは…

image

image

image


ようやく梅雨らしく、傘や雨靴の出番がやって来た週ですが。
朝から雨模様、しかし午後からは晴れ上がって蒸し暑さの残る夕刻。

いよいよ、一人芝居の単独での最終稽古。

どうも。本多です。

最後の最後まで細かい変更が加えられてゆき。

仕上がってきています。

たしか前回のカラコレその1の稽古の際に、演出のオダ氏の発言で、役者は台詞を用いて、その役の人物の感情を表すものなのだ、という意味の言葉があったのですが。

今回、三品さんが演じる女の感情が、もしも色として見えたなら、それは時に淡く、時に克明に、にじんだり、揺らめきながら、喜怒哀楽などという単純な紋切り型の感情ではなく、複雑に混ざりあって、観るものの眼前に繰り広げられるに違いない、なんて思ってみたり。

あとは金曜日の合同稽古を経て、本番を迎えます。

金曜日は土砂降りでもいいから、土曜日は1日、傘の要らない天気でありますように。

ではまた!

このページのトップヘ